[<< wikibooks] Japanese/Reader/The Tongue-Cut Sparrow
== したきりすずめ ==
とんと むかし、 ある ところ に おじいさん と おばあさん が いました。
おじいさん は まい日(にち) 山(やま)  へ しばかり に でかけ ます。 
ある 日(ひ)、 おじいさん が べんとう を 木(き) に つるして おいた ら、 ちゅんちゅん すずめ が やって き ました。 
「おや、 うまそうな ごちそう だ こと。」
すずめ は べんとう づつみ の なか に こっそり もぐりこみ ました。 
「やれ、 やれ、 はら が へった。」
おじいさん が しごと を やめ、べんとうづつみ を
とろう と したら、すずめ が ちょっこり くび を
だして ねて い ます。
「よし、 よし、おまえ に も くわせて やる ぞ。」

おじいさん が つつみ を ひらく と どう でしょう。
すずめ は もう べんとう を たらふく たべて ころころ ふとって い ました。

おじいさん は すずめ を いえ に つれて かえり ました。
なんとも かわいい すずめ で ちょんちょん ないちゃ おじいさん の そば を はなれ ません。

おじいさん は この すずめ に おちょん と
いう 名(な)まえ を つけて それ は それ は だいじ に
そだて ました。

よい てんき の 日 でした。 おばあさん が いろり で ぐつぐつ のり を にて い ました。
「おじいさん、 はよ しごと に ゆき なされ。」
「でも、 おちょん が かわゆうて......」
おじいさん は おちょん を 手(て) に のせ、はなし ません。
「ふん、 すずめ ばっかり かわいがって。」
おばあさん が おこって いい ました。 
そこで おじいさん は しぶしぶ おちょん を はなして 山 へ しごと に でかけ ました。

「おちょん、 ねこ に のり を くわれん よう しっかり ばん を して おれ。」
おばあさん は 川(かわ) へ せんたく に いき ました。
のり は いい ぐあい に さめて、 なんとも うまそう。
おちょん は もう がまん できず に のり を たべ ました。

おばあさん が もどって くる と、なべ の なか の のり が ありません。
「おちょん、 のり は どう した。」
「ねこ が くうた よ。」
おばあさん が ねこ の 口(くち) を みる と のり が ついて い ません。
ところが おちょん の 口 には のり が いっぱい です。
おちょん は あわてて なめ ました が もう おそい。
「この おんしらず め が。」
おばあさん は おこって おちょん の した を はさみ で ちょんぎり、 そと へ おいだし ました。

おじいさん は おちょん に あいたくて しごと が すむ と いそいで もどって き ました。
ところが おちょん の すがた が あり ません。
「おばあさん、おちょん は どうした。」
「のり を くうた で、した を ちょんぎり おいだして やった だ。」
「なん じゃ と。そんな むごい こと を......」

おじいさん は ぽろぽろ なみだ を こぼし ました。
しばらく しょんぼり して いました が、おちょん の こと を おもう と じっと して い られ ません。
「おら、 おちょん を さがして くる。」

おちょん すずめ は どっち へ いった
したきりすずめ は どっち へ いった
なき そうな こえ で よび ながら おじいさん は とぼとぼ あるいて いき ました。
すると うし あらい が 川 で うし を あらって い ました。
「うし あらい どん、うし あらい どん、したきりすずめ を みなんだ か。」
「みた みた。だ ども、 うし を あろうた 水(みず) を 三(さん)ばい のまにゃ おしえん ぞ。」
おじいさん は がまん して その 水 を のみ ました。
「そん なら この さき の うま あらい どん に きく が ええ。」

しばらく いく と、うま あらい が 川 で うま を あらって い ました。
「うま あらい どん、うま あらい どん、したきりすずめ を みなんだ か。」
「みた みた。だ ども、 うま を あろうた 水 を 三 ばい のまにゃ おしえん ぞ。」
おじいさん は がまん して その みずを のみ ました。
「そん なら この さき の な あらい どん に きく が ええ。」

また また しばらく いく と、 な あらい が 川 で だいこん を あらって い ました。
「な あらい どん、な あらい どん、したきりすずめ を みなんだ か。」
「みた みた。だども、 だいこん を あろうた 水 を 三 ばい のまにゃ おしえん ぞ。」
おじいさん は がまん して その 水 も のみ ました。
「そん なら この さき の たけやぶ に いく が ええ。」

したきりすずめ はどっち へ いった
おちょん すずめ はどっち へ いった
おじいさん が たけやぶ に はいって いく と、 一(いっ)ぽん の ふとい たけ の あな から すずめ の こえ が し ました。
「おじいさん か、おばあさん か。」
「おじいさん じゃ おじいさん じゃ。」
「そん なら はよう はいり ませ。」
おじいさん が たけ の あな を のぞいた ら、みるみる あたり が くらく なり、 き が とおく なり ました。

はっ と き が つくと、おじいさん は りっぱな ざしき に すわって い ました。
「おじいさん、 よく きて くれ ました。」
きれいな きもの を きた すずめ たち が ごちそう を
はこんで くる やら、うた を うたう やら。おじいさん は
じかん の たつ の も わすれて みとれて い ました。

おじいさん が かえろう と する と、すずめ たち が ふたつ の つづら を もって き ました。
「おじいさん、おみやげ です。おもい つづら と かるい つづら と どっち が ほしい。」
「おら としより だ で かるい ほう が ええ。」

おじいさん が いえ に もどって つづら を あける と どう でしょう。大(おお)ばん 小(こ)ばん が ぎっしり。
「あれ まあ、おじいさん、 どこ で もろうた。」
「おら、 すずめ に もろうた。」
おじいさん は おばあさん に きょう の こと を くわしく はなして あげ ました。 その とたん、 おばあさん が いい ました。
「なん ちゅう ばかもん だ。 なんで おもい つづら を もろうて こん。 よし、 おら が いって くる。」

したきりすずめ は どっち へ いった
おちょん すずめ は どっち へ いった
おばあさん が こえ を はりあげる と たけ の あな から すずめ の こえ が し ました。
「おじいさん か おばあさん か。」
「おばあさん じゃ おばあさん じゃ。」
「そん なら はよう はいり ませ。」

き が つく と おばあさん は いつ の ま に やら ざしき に すわって い ました。
すると きもの を きた すずめ たち が かけた ちゃわん でおちゃ を もって きました。
「おら ちゃ など ほしく ない。 はよう つづら を くれ。」
おばあさん は おもい つづら を せおう と、さっさと かえって いき ました。

ところが つづら は おもくて おばあさん は あっち へ ふらふら、こっち へ ふらふら。
やっと たけやぶ を で ました が もう 一ぽ も あるけ ません。
「どれ この へん で ちょっくら やすんで なか を のぞいて みる か。」
おばあさん は つづら を おろし、 そっと ふた を あけ ました。
「ぎゃあ!」

おばあさん は とびあがり ました。なんと つづら の なか から 
へび やら むかで やら が つぎつぎ と でてきて おばあさん を
さし ころして しまい ました。